長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2009/09/24 11:08

2009年9月24日(木)(晴れ)

シルバーウィーク明けの今日、10:30から1時間半に亘って某経営コンサルティング企業の社長から、何かしらの提案プレゼンテーションを受ける予定でした。

ところが、10:30~12:00までそのために空けておいた予定がポッカリ空いたので今このブログを書いております。

4月に”賢者.tv”に出演後、経営コンサルからの電話での訪問依頼は結構多いです。

本日来社予定だった経営コンサルからは5月に私と面談したいとの電話が入り、その会社のホームページの内容にも共感できたし、社長自らいらっしゃるとのことでしたので、6月来社いただくという約束をしました。

どんな業種であっても、社長が自ら新規の取引先候補を開拓する大変さは痛いほど良くわかるので、私は興味をもった企業からの訪問依頼は出来る限り受けることにしています。

約束の日に見えたのは、社長ではなく、20代の若い営業の方。

社長急用が入ったとのことで、急遽その営業の方が当社の経営方針MVVについて話を聞きたいとのことです。

正直私はちょっとむっとしました。ヾ(▼ヘ▼;)

約束社長来ない上に、その若い営業マンに経営について語っても、とてもじゃないけど理解しきれないだろうなっということを営業アプローチの最初のステップである軽い会話の中で感じてしまったから・・・。

経営について解っていなさそうな人”御社の経営課題は・・・?”なんて聞かれても(´ρ`)

ということで丁重にその旨をご説明して、お帰りいただきました。

後日、来社される予定だったその会社の社長から前回のお詫び再度アポ依頼が入り、7月来社されました。

8月に提案したいことがあるということで、再度訪問依頼の電話がありましたが、これは私の都合で9月にしてもらいました。

約束の前々日、今度は私の方に急遽どうしてもはずせない外出の予定が入り、直接社長に電話をかけ、お詫びと日程の再調整をお願いしました。m(_ _)m

・・・ということで、本日(9/24)が面談予定でした。

朝、総務部に電話が入り”インフルエンザ(新型かどうかは不明・・・?)”に罹られたそうで・・・

何となく”縁”無さを感じます。

”縁”という言葉で先日が起こしてしまった”大失態”をお話いたします。

先日、B-SPIRE時代からお付き合いさせていただいているお客様取締役訪問する約束をしていました。

約束15:00に受付で取次ぎをお願いすると、訪問相手であるご本人が自ら受付にいらっしゃり、

”長田さん、木曜日の約束じゃなかったっけ。今日は火曜日。自分が間違えたのかな~~~”

その時は、私は絶対に自分は間違っていないと思い込んでいました。

でも、グループウェアの登録も手帳への書き込みも間違えていたのは・・・。お客様とやり取りしていたメールで判明しました。(*_ _)

15:00からは来客予定がおありとのことで、16:00まで待てば、お会いできるとのこと。

同行したSC長とともに1時間ほど、近くの喫茶店でお待ち致しました。

SC長に対しても平謝りです。

再度お目にかかった時、その取締役がおっしゃいました。

”いや~~、長田さんが日時を間違えたとはいえ、普段外出がちの自分が自社にいたなんて、Pro-SPIREさんや長田さんとは”縁”があるんだね~~~”

訪問日時間違える・・・、という自分にとっては前代未聞大失態をおこしてしまった私に本当にご丁寧な応対をしてくださいました。m(_ _)m

約束日時はしっかりと確認し、守るという初歩的な教訓をあらためて頭に叩き込んだことに加え、
”縁”という言葉にご”縁”を感じる今日この頃です。(・'・;)

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2009/09/18 7:11

2009年9月18日(金)(曇り)

いや~~久しぶりに心から”欲しい””買いたい”ものに出会いました(●´ω`●)

でもって・・・買ってしまいました。( ●´∀`)ノ

1967年から始まり、日本のFM最長寿番組として現在も記録を更新しているFM東京”ジェットストリーム” Romantic Flight”のDVD4巻組(12,800円)です。

ナレーション初代パーソナリティーの今は亡き”城達也”さん。(ちなみに現在は大沢たかおさんらしい・・・)

スポンサーJALで、今や当たり前の海外旅行が、まだまだだった時代に海外思いを馳せることのできる、大好きなラジオ番組でした。

ラジオ番組の中では世界中都市の紹介を行い、そのイメージにあわせたイージーリスニングを流します。

今回のDVDオープニングはあの”ミスターロンリー”の曲をバックに”城達也”さんのナレーションが入り、JALの旅客機が雲の上を飛んでる姿から始まります。
(鶴のマークのJALじゃないからたぶん最近のJAL)

1巻:フランス、イタリア
2巻:オーストリア、ドイツ、イギリス、スペイン
3巻:アメリカ
4巻:オーストラリア、フィジー、タヒチ、ニューカレドニア 、ハワイ


上記の国々の世界遺産を含めた名所美しい風景の画像が高画質ハイビジョンで撮影し直され、それに昔懐かしいイージーリスニングの曲が合わさります。

先日の夜、届いたばかりのJALの月刊誌”Agora”をパラパラとめくっていて、このDVDの存在を知りました。

生活必需品以外に、普段あまり購買欲のない私には珍しく、”絶対欲しい!!””すぐに欲しい!!”
ε=ε=ε=ε=\(;´□`)/

早速購入しようと、アマゾンJALショッピング等のインターネットを検索しましたが、見つからず、結局発売元のユニバーサルミュージックからインターネットで購入しました。

それが昨日帰宅したら、24時間宅配ロッカーに届いていたのです。ウフッ(v^ー°)

即行開封、DVD ON!!

先月訪れたばかりのイタリアの各地を初め、かつて訪れたことのあるフランス、アメリカ、オーストラリア、イギリス、ハワイの見たことのある風景と素敵な音楽に酔いしれ、しばし至福の時を過ごすことができました。

行ったことがない国、見たことがない風景もまだまだ沢山あります!!

私はやっぱり海外旅行が好き!!

今年の年末年始来年夏休みはどこへ行こうかと思い巡らす時間は至福の時です。

ここのところ連日のようにメディアに登場する”日航再建”の記事・・・

去年はJALマイルを使って旦那とパリに行き、今年も二人世界中のどこにでも行くことができるぐらいのJALマイルが既に貯まっているだけに提携先の航空会社加盟団体が気になります。

頑張れ”JAL”!!

”ジェットストリームオープニング”

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。
日本航空があなたにお送りする音楽の定期便ジェットストリーム 。
皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、城達也です。


”ジェットストリームエンディング”

夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは
遠ざかるにつれ次第に星のまたたきと区別がつかなくなります。
お送りしております、この音楽も美しく、あなたの夢に、溶け込んでいきますように。
日本航空がお送りした音楽の定期便、ジェットストリーム 。
夜間飛行のお供をいたしましたパイロットは私、城達也でした。
また明日、午前0時にお会いしましょう。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2009/09/08 7:19

2009年9月8日(火)(曇り)

今日は”紺屋の白袴”・・・的お話で恐縮ですm(_ _)m

Pro-SPIREでは第22期期初(7月)からERPパッケージを導入し、プロジェクト原価管理管理会計財務会計システムによる一元化を図る仕組みを整えました。

同時に当社の得意分野であるBI(ビジネスインテリジェンス)製品にも繋げることによって業務有効性効率性タイムリーに把握、評価することができるようになりました。

所謂、システムによる経営”見える化”を本格的にはじめたのです。

当社は創業22年のれっきとしたシステム屋ですので、今更なのですが・・・
(_ _|||)

年明けから情報システム部門が中心となってパッケージベンダーとともにシステム化計画から着手し、年度の始まりである7月からの本格稼動に何とか間に合わせてくれました。

まっ、7月という最初の1ヶ月に関してはエクセルや財務パッケージを活用した、従来システムとの併行運用です。

新しいシステムは完全にWebシステムです。

イタリア旅行に行く前、”社長!!イタリアからもWebで業務の進捗や見通し、8月の〆をタイムリーに見ることができますよ!!”

と社員に言われましたが、”いやいやモバイルPCを持っていくと荷物が増えるので・・・”とかなんとか言ってちょっとごまかしていました。

だから正直に言います。

これまでのエクセルワードによるドキュメント(紙)に慣れすぎていて、グループウェアインターネット以外Webの活用になじめていなかったのです。

とっくに年がばれているので言いますが、私の社会人人生におけるコミュニケーション手段

最初手書き文書と固定電話。コンピュータのプログラミング以外のちょっとした計算は電卓です。

関係のないことですが、会社の隣の席にいたおじさんは自席たばこをプカプカ吹かしてしました。

次に設計書や報告書を書くときは一太郎オアシス等のワープロを使用。表計算はロータス1.2.3でした。

やがて文書はワード、表計算はエクセルに統一されました。

固定電話から、いかつい携帯電話(最初の頃は複数名に対して1台会社から支給されていました)を使用するようになり、メールによるやりとりも始まりました。

スケジュールや文書、設備管理のためにグループウェア(これはWeb)も導入されました。

こんなプロセスの中で新しいコミュニケーションツールソフトウェアを使い始める度に、最初の1ヶ月くらいいつも思ったことがあります。

前の方が良かった・・・。便利だった・・・。( _ _ )..........o (チョー、コンサバ!!アナログ!!)

つまり最初は環境の”変化(Change)”になかなか順応しきれないのです。

にもかかわらず、今やメールグループウェア携帯電話必需品です。

毎日活用していますし、これらが使えない日常は正直想像できません。

新たな社内システムが導入されて、2ヶ月が立ちました。

毎週月曜日に開催される組織長とのフィールドサポート会議では会議室にノートPCが会議メンバー全員の前に並べられ、Web業績数値見通しを確認しながら、進行していきます。

数値や見通しは一時間に一度、自動的更新されるようになっています。

(ちなみにこれまでは週に1回PMOセンターの方で各組織から報告された最新の状況(数値や進捗、問題点)をエクセルで取りまとめ、 人数分に出していました。)

BIのおかげで自席にいても、一方向だけではなく、いろいろな角度から、経営分析プロジェクト分析を行うことができるようになり、これまで紙に出されたエクセル表では把握できなかったこともワンクリックドリルダウンで詳細がわかるようになりました。

つまり漸く新たなシステムに”順応”できてきたということだと思います。

それにしても、自画自賛で恐縮ですが、さすがシステム会社!!社員の方が圧倒的に新システムへの順応早いです。

私自身は???。

これまでの経験ではシステム環境の変化順応することにちょっと時間がかかります。

ただし、一度順応してしまうと早い!
ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ !

今回の”見える化”システムの構築は自分が望んだ”変化”です。

”順応”云々言っている場合じゃありませんね。

思い切り経営に活用します。

組織長たちにとっては、ますます”うるさ婆”になってしまいそうです。(●`□´●)

ページの先頭へ戻る