長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2015/06/30 7:23

2015年6月30日(火)(曇り)

今やただの伝説だと言われていますが、一夜城を築いたと言われる豊臣秀吉「ヒト、モノ、金」を扱い、マネジメントしたエンジニアだと思います。

城づくりに取り組むための図面を描く人、図面に基づき資材を調達する人資材職人集めるための・・・

「人、もの、金、情報、時間」という経営資源効果的い、計画・実行する行為をエンジニアリングと言うのであれば、経営者仕事はまさにアセット・エンジニアリング・・・

Pro-SPIRE組織成長のために、社長であるワタクシが見るのはアセット!!

アセットをすべて活かして、お客様、社員等々のステークホルダー最大リターンを返していく・・・

そのために、一番良い形考えて、仕組みを整え、実行に移していくのがTOP仕事だと思います。

本日第27期最終日です。

企業社会的責任は、利益を出して、存続し成長すること。

第27期は、30期に向けた大きな目標(Road to 30'th)に向けて、まだ2合目あたりを登りかけたところです。

うまくいったことも、計画通りにいかなかったこともあります。

「やると決めたことはは必ずやる!!」

第28期はこの一点集中します。

そして、そのためのセット・エンジニアリング虚心坦懐に進めようと思います。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2015/06/19 7:52

2015年6月19日(金)(雨)

昨日会員制「綱町三井倶楽部」という旧三井財閥の迎賓館での格調高い夕食にお招きいただきました。

ミーハー的に申し上げますと、現在日曜劇場でやっている「天皇の料理番」撮影「華族会館」として出てくる所です。

番組明治時代終わりの設定で、こちらは大正2年に建てられたものなので、本物「華族会館」ではありませんが、ちょっとしたタイムスリップ気分を大いに味あわせていただきました。


「三井倶楽部外観とロビー、部屋。平成天皇もお食事に見えられたそうです。設計は鹿鳴館の設計者として知られるジョサイア・コンドル博士によるものだそうです。」


「東京のど真ん中に純英国風西洋庭園と約6,000坪の日本庭園があります。建物と庭園をあわせた敷地は約1万坪!!」


「左は「ベネディクション」 オーギュスト・ロダン作の 青銅製の彫塑で、高さ約88cm。「祝福」を表しているそうです。触って良いと言われたので、なんか幸運に恵まれるのではとしっかり触ってまいりました。真ん中の置時計の文字盤は英国王室御用達、マッピン&ウェッブ製 。右の窓の上から二番目のガラスはステンドグラスではなく、大理石がはめ込まれているそうです。」

他にもターナー、サー・ト一マス・ローレンス、ドービニー、ニコラス・マース油絵等の逸品があり、各部屋家具調度品等もそれはそれは豪華でした。

館内煙草を吸う人が多く、貴重な油絵すすヤニで汚れ、洗浄するのが大変だったそうです。

地下にはフランスワインを中心に、約15,000本名品保管されている室温14度、湿度70%に保たれたワインセラーがあります。

案内をしてくれた方から聞いた話

ここにあった1本ワインが、1964年東京オリンピック開催にあたって非常に大きな役割を果たしたそうです。

当初、東京でのオリンピック開催には、ヨーロッパ各国反対していたそうです。その主な理由は、距離食べ物の問題。

この反対打ち破ったのが当時のIOCブランデージ会長でした。

最終決定をめぐる会合が開かれた綱町三井倶楽部で、ブランデージ会長はあえて貴重1947年ものの「シャトー・ディケム」(世界三大貴腐ワインの一つ)リクエスト。 

綱町三井倶楽部ワインセラーにはそのワイン保管されていたそうです。(もっとも事前に確認はしていたそうですが・・・)

このことで「日本にはまともなワインすらない」という反対派意見押さえることができ、無事東京オリンピック開催が決まったと言われています。


「お料理も正統派のフレンチのフルコースでした。(写真は一部)」

骨の髄まで「庶民」ワタクシが、束の間「貴婦人」になれたような夕べでした。ややハードル高かったですケド・・・ε=( ̄。 ̄;)

ご招待、ありがとうございました。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2015/06/10 7:53

2015年6月10日(水)(晴れ)

昨今「女性活躍・・・」という言葉が良く聞かれます。

Pro-SPIREのような中小IT企業でも、「女性社長」というだけで、時々講演原稿、取材頼まれたりするようになりました。

仕事においてジェンダー意識したことはないのでピンとこないのが正直なところです。

「女性社長で困ること、あるいは得することってなんだろ~~~??」(。´-_・)ン?

って考えていたら、得かもしれないこと一つだけありました。

仕事上、数々の名刺交換をします。

そんなとき、顔と名前を直ぐに覚えてもらえること!!

たとえば仕事での立食パーティ・・・

正直ちょっと苦手です。(>△<*)

立ちっぱなし疲れますが、あの激しい流動性がどうも苦手です。

初めてお目にかかる人と「はじめまして」名刺交換をします。○○会社の社長さん

いったいどういう話すればいいんだか・・・。、どうやったら失礼なくこの人離れられるだろうかとぎこちなく考えてしまいます。

ある時、初めて会う人思い込んで名刺を渡して挨拶しようとしたら、

「長田さん、もう何回も会って名刺交換もしていますよ。いいかげん僕のこと覚えてくださいヨ!!」

叱られました。(_ _。)

一度二度のことではありません

失礼千万をはたらいてしまったと大いに反省し、二度繰り返すまいと思うと結構な人数会合パーティーへの出席する時はちょっと緊張します。

「長田さん、ひさしぶり、元気そうだね!!」とかをかけられて、まさか「どなた様ですか?」なんて言えない
^^;)

50代、60代スーツ姿おじさんって、仕事とか飲みとかで頻繁に会っていないとどうも覚えられません
(・Å・`o)

先日、とあるIT企業社長さんから内輪会食へのお誘いを受けました。

出席者全部8名全員IT企業の社長さんです。

毎度のことですが、ワタクシ紅一点(この年でそのように言って良いのかは甚だ?ですが・・・)です。(*´∀`)


「場所は日比谷公園内にある日比谷パレス3Fのレストラン「ホワイト・ギャラリー」。Welcome シャンパンからはじまり、お料理はフレンチのフルコース、紅白ワイン。都会の森の中の凄く素敵なレストランです。」

ワタクシ以外7名出席者のうち、良く知っている人は主催者を入れて二人だけ

あとの方は名前は聞いたことはあるけど、面識ないような・・・

しかし失礼があってはいけないと思い、事前にその方々の名刺をもっているか机の中の名刺入れ確認したところ、全員名刺を持っておりました。(なかには同じ名刺が2枚もありました!!)

ということはちと自意識過剰ぎみながら、経験上オンナであるワタクシのことを知っている可能性大です。

たった8名での会食なので、失礼のないよう出席者名前一致させなくてはと、事前インターネット企業HP検索

どこの会社のHP社長写真掲載されているので、ホント助かりました。 ε-(^、^;

Welcomeドリンクシャンパンをいただきながら、、旧知のごとく、にこやかに「お久しぶりです。」 (゚▽゚*)挨拶することができました。

でも最初内心ドキドキだったよ。((○゚ェ゚)

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2015/06/03 7:02

2015年6月3日(土)(雨)

5月土曜日Pro-SPIREにて「アイデアソン」開催しました。

「アイデアソン」とはその名の通り「アイデア」「マラソン」を組み合わせた造語です。

Pro-SPIRE様々な部署多様な業務を担っている社員が、即席グループを作り、ブレイン・ライティングワールド・カフェを経て、テーマに関する新規事業発想し、プレゼンコンテストを行うイベントです。

休日土曜日ですので、参加任意・・・

「6名グループが3つぐらい編成できればいいかなっ!」と思って、Googleアンケート機能を使って参加者募集したら、なんと36名応募がありました。

部署年齢、性別等のデモグラフィック変数多様で、「アイデアソン」もってこい多様性のある6名グループ6つも作ることができました。

定員30名の当社大会議室ギュウギュウです。(;A´エ`*)

当日外部から専任ファシリテーターを迎えました。

事前ファシリテーターから「ユーザーとして自身が困っていることを3つ考えておくように」との課題が出されていました。

13:30「アイデアソン」開始!!

当日ドタキャン遅刻をする社員ゼロ!!

当たり前なことだけど、Pro-SPIRE社員「素晴らしい!!」と心から感心しました。

今更ながらもグループ内での自己紹介グループ名リーダーを決定して、いよいよ「アイデアソン」の始まりです。

本日テーマ「あったらいいロボット!!」

メンバー新規事業部一員としてブレイン・ライティングに挑みます。



「決められた短い時間内でのブレイン・ライティングでは皆産みの苦しみを味わうようですが・・・結構楽しそう!(○´∀`)ノ」

最後にそれぞれのグループ企画資料を作成し、ワールド・カフェ・セッションを経て、最終企画書完成させます。


「各グループのリーダーが最終企画を発表します。(写真は一部。あとはピンボケでした。 m(*- -*)m)」


「この4月入社の新入社員もAグループのリーダーとして堂々と発表です。!!」



「企画書はこんな感じ・・・。ヘルスや生活に密着したアイデアが満載でした!! (^^)b」

最優秀企画全員投票で決めました。


「優勝はグループBのD2-Washチーム!!Teeth Care Robotの企画です。6名全員に図書券一人5,000分が渡されました。」


「イベントのあとはお楽しみの懇親会!!事務局がケータリングを手配していました。」


「センムの一本締めで無事お開き!!」

ファシルテーター事前入念打ち合わせリハーサル実施していましたが、正直当日スムーズ遂行できるかドキドキしていたところもあります。((*゚д゚*))

みんな協力もあって、ファシリテーターびっくりするほどの活発有意義イベントになりました。

普段気付かなかった、社員新たな姿も見ることができました。

アンケート分析しました。

経営として、この「イベント」!!

「イベント」のままでは終わりにしません。第28期楽しみダ~~!!

ページの先頭へ戻る