長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

アーカイブ
<2016年4月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567
月別の過去ログ
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/04/14 17:14

2016年4月14日(木)(曇り)

先週ブログお知らせ致しましたが、

4月18日(月)より、Pro-SPIREHP新しく生まれ変わります。祝 v(^O^)v 祝

URLそのまま!!

このブログデザイン刷新され、「New Precious Time」として生まれ変わります。

ただいま、移行作業中

更新すると情シス叱られる・・・ (ρ≧□≦)ノ

ということで、今週分「社長ブログ」お休みさせていただきます。m(_ _)m

来週からは新たなPro-SPIREHPの中でお目にかかりませう。ヾ( ´ー`)ノ

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/04/08 7:43

2016年4月8日(金)(晴れ)

会社HPデザイン変わります

リードナーチャリングの効果も期待して、一新します。

スマホ対応もばっちり!!d( ^ω゚ )

4月1日開設予定でしたが、いろいろ気に入らないところもあって、まだGOサインは出しておりません。
 乂(゚Д゚

たぶん来週ぐらい・・・

9年間続けてきたこの「Precious Time」デザイン4月1日分から新しいHP移行されるそうです。

ただいま、情シスにて移行作業奮闘中

あっURLそのままですし、このブログ継続します。

新HP乞うご期待!!((o(^∇^)o))

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/04/01 13:40

2016年4月1日(金)曇り

桜ドンぴしゃに満開*゜✽。+*✽ (´ω`*)桜


「大森駅北口の桜並木。」

本日、9:30より2016年度新入社員を迎え、本社大会議室にて、入社式を執り行いました。

今年度前年度よりも更に売り手市場感が強く、新卒採用活動はなかなか大変でした。 ε= (*ノ´▽`*)

それでも男性社員4名、女性社員2名計6名新しい仲間Pro-SPIREに加わりました。

キャリア採用者2名本日入社です。(pq*´∀゚)


「2016年4月1日。入社式!!」

ワタクシPro-SPIRE社長を担ってから、9回目入社式!!

そして社長として迎えた最後入社式です。

人様にはどうでもいいことですが、冒頭社長っぽい挨拶も、これが最後だと思うとワタクシ自身にとっては、ちょっと感慨深かったかも・・・

そういえば、今日入社式司会進行を勤めた、人事部K新入社員として入社したときの入社式が、ワタクシ第1回目社長としての入社式でした。(2008年4月

猛スピードで流れています。≡ ≡ ≡

それにしても、期待と同時に不安緊張感満載新入社員に対して、ワタクシちゃんとした社長っぽく、挨拶するのはに上げますが・・・

役員達ご大層な訓示っぽい挨拶だけじゃなくて、もちっとおもしろいこと言えばいいのにな~~!!
ε-(`= ω=´)

とちょっと思います。

来年入社式取締役会長として、ちょっとはじけたこと言っちゃおうかな~~(〃'∇'〃)ゝ

若者達
仕事に対する価値観考え方多様化しているようだし・・・

あっ、会社としての品格は保ちますから、新社長、人事部長さん、どうぞご心配なく!!

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/03/24 7:10

2016年3月24日(木)(小雨)

今やトレンド人工知能・・・

ついこの間の

「グーグルが開発した囲碁AI(人工知能)「AlphaGo(アルファ碁)」と、韓国のプロ棋士イ・セドル氏が対戦した五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わった。」

というニュース記憶新しいと思います。

メディアでは、「この五番勝負は、ディープラーニング(深層学習:多層のニューラルネットによる機械学習)のデモンストレーションという枠を超え、その強みと弱点、ビジネス応用の方向性を浮き彫りにした。」(参照元:日本経済新聞)

絶賛されています。

昨年には、今は亡き、ピカソゴッホといった絵画巨匠たちのを、人工知能が描く技術ドイツ研究チームから発表されました。

新技術発表をしたのは、ドイツ・テュービンゲン大学研究者

発表した人工知能は、芸術家たちの作品を見てその特徴学び、なんと与えられた写真をその芸術家画風描くのだとか。

こちらがその論文(PDF:英語)です。(画像が含まれているのでやや重たいです。)

http://arxiv.org/pdf/1508.06576v1.pdf
(参照元:A Neural Algorithm of Artistic Style)

与えられた画像絵画風加工することができます。

人工知能画像を作ることができるサイトhttp://www.deepart.io/)も立ち上がったそうです。

スマホでも似たようなアプリがありますが、既存アプリは、あらかじめ設定したルールに従って画像加工します。

それに対し、この人工知能は与えられた作品をその場で解析して、「作風」「作品」固有要素 に分けて学習(ディープラーニング)することができるそうな。

このサイト実際使ってみた記事おもしろい!!是非是非見てくださいネ!!ヽ(≧∀≦)ノ
http://ima.goo.ne.jp/column/article/4072.html

画像ができるのであれば、きっと音楽とか芸術も!!

人工知能でいろいろな作曲家SMF(Standard MIDI File )を読ませて、傾向を学習させて、別の曲をその作曲家風アレンジさせてみるとか・・・

想像を超えるアルゴリズム世界・・・

果たして、人工知能人類感性にどのくらい迫ってくるのでしょうか???( ;∀;) 

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/03/16 11:41

2016年3月16日(水)(曇り)

不覚にも・・・(;゜∀゜)

「インフルエンザ」に罹患・発症してしまいました。

しかも、発症したのはワタクシ57回目誕生日夜23:00頃┌iii┐


「発症の数分前まで、何の前触れもなく健康体そのものだったのに・・・」

突然!ほんとに突然背中ブルッ(((・´_`・)))として体中カッカしてきた。

「ケケケまっさかー~~!」と思いながら、検温すると38.6℃ (//・_・//)

「インフルエンザ!!」発症したことを確信いたしました。
※ちなみに、この時オットは即座にサージカル・マスクを着用し、自室への避難体制に入りました。

翌月曜日、取り急ぎTMTメンバーにメールして、近所の内科医院へ。

まだ、流行しているのか、マスクをしたお客さんいっぱい。・(x)・

覚悟はしていましたが、針金に巻いた長い綿棒片方づつ両穴グリグリつっこまれるあの検査・・・

かなり苦手です。痛いし、ボロボロ出ます。(ノ≧ロ)ノ

しかも、発症後24時間経過していなかったので、その時結果「陰性」になり、タミフルを処方されて翌日再検査・・・(´_`ヽ)

で・・・この1週間出勤停止です。(発症の翌日を1日目として5日間は活動禁止らしい・・・)

1週間分仕事スケジュール再調整はできたし、メール会社スマホでのコミュニケーションを図ることはできますが、平熱に戻った正直暇です。

孤独です。(´・_・`)

クラウド、IoTを活用したテレワークについてでも、本気で考えようかな。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/03/11 7:59

2016年3月11日(金)(小雨)

今週の日曜日から月曜日にかけて、1泊2日で毎期恒例「経営合宿」を行いました。



恒例って書きましたが、今回は実は「毎度おなじみ」恒例ではありません

合宿カリキュラム
そのものは来年度第29期経営方針ガイドライン事前共有した上で、新組織それぞれのミッションビジョン、それを実現するためのアクションプランを、新組織長候補に任命された人たちが持ち寄り、グループに分かれて議論を重ね、プレゼンテーションを行い、新たな提案指摘を受ける・・・


「合宿初日のグループに分かれての議論風景」

文章とか写真にしてしまうと、これまでとあまり代わり映えしていないように見えますが・・・

まず、主管現社長ワタクシではなく、今年7月次期社長への就任が決まっている副社長にしたこと。

ですから、経営計画・ガイドライン、それに伴う新組織編成も、草案副社長策定して、TMT議論を重ねてきました。

合宿メンバーも、新入社員入社して以来、一度も転職経験のない古株組織長もいれば、他社から転職して来たばかりの組織長・・・などなどそこそこ多様性に富んだメンバー構成だったと思います。

合宿始めに、7月社長交替正式アナウンス致しました。

ということで、今回ワタクシは、あまりしゃしゃり出ないことに決めておりました。

各グループ議論を聞いていると、議論内容もある意味多様性に富んでいることがわかります。

相変わらず現実延長路線まっしぐらな計画副社長経営路線意図をまだまだちゃんと理解・共有しているようには思えない計画、かと思うとExecution excellence定かではない自分のアイデアに酔い、「オレすげんじゃね~~!!」ビッグマウスともとられかねない、無駄に(失礼m(_ _)m)でかい計画・・・

無論、経営方向性・方針共有し、新年度あるべき姿明確に描き、具体的現実的GAP FILLプランを策定・発表する組織長候補もおりました・・・ 

2日目プレゼンテーションを聴いていて、何故か数字フル回転していたワタクシ・・・

新たな挑戦リスク分散バランス・・・

リソース(ヒト、モノ、金、情報)の配分・・・

変革にむけて、高度経営課題山積みで、まだまだ勇退モードには入れない気が致します。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/03/01 7:14

2015年3月1日(火)(晴れ)

今日からいよいよ3月です。

Pro-SPIREイノベーション推進センターが、当社の持つ技術米国技術知識組み合わせて、新たな価値提供するべく新サービスを開始し、2月24日提示したプレスリリース80メディア・媒体に取り上げられました。

当社では今のところ「コミュニティSIモデル」と呼んでいます。

今回は米国IT技術・サービスとのコラボレーションですが、Pro-SPIRE「コミュニティSI」においては現在米国のみならず、ヨーロッパ各国を含めたグローバル技術・サービスとのコラボレーションによる新たな価値共創を進めております。

一番売りは、企業において、長年使い慣れた既存IT 資産である業務用アプリケーションパッケージ破棄せず「コミュニティSI」サービスの中で有効活用できるということ!!

以下、プレスリリースの内容をご紹介します。

-----------------------------------------------------

Pro-SPIREとフィオラノ ソフトウェアが業務提携し、業務アプリケーション間連携サービスの提供を開始
             株式会社 Pro-SPIRE (Pro-SPIRE Inc.) 2016年2月24日 16時

『ハイブリッド環境での業務アプリケーション間連携サービスを中堅・中小企業をメインターゲットとして提供開始』

システムインテグレーションに強みを持つ株式会社Pro-SPIRE(本社:東京都大田区、代表取締役社長:長田ゆかり、以下Pro-SPIRE)とビジネス インテグレーション用プラットフォームのパイオニアであるフィオラノ ソフトウェア株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:青島茂、以下フィオラノ ソフトウェア) が業務提携し、クラウドとオンプレミスが混在するハイブリッドな IT 環境での業務用アプリケーション連携による効果的な IT システム構築サービスを中堅・中小企業をメインターゲットとして提供していきます。

PDFファイルはこちらになります
 
システムインテグレーションに強みを持つ株式会社Pro-SPIRE(本社:東京都大田区、代表取締役社長:長田ゆかり、以下Pro-SPIRE)とビジネス インテグレーション用プラットフォームのパイオニアであるフィオラノ ソフトウェア株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:青島茂、以下フィオラノ ソフトウェア) が業務提携し、クラウドとオンプレミスが混在するハイブリッドな IT 環境での業務用アプリケーション連携による効果的な IT システム構築サービスを中堅・中小企業をメインターゲットとして提供していきます。
 
■提携の目的
近年、業務用アプリケーションはオンプレミス製品のみならず、クラウド上のアプリケーション(SaaS, PaaS)やオープンソースなどでも提供されるようになってきており、これは中小規模の企業においても多くのメリットをもたらします。
一方で、長年使い慣れた既存の IT 資産である業務用アプリケーションも破棄せずに有効活用したいというニーズも強く残っています。
そこで Pro-SPIRE は、中堅・中小規模の企業に対し、クラウド上の新規業務用アプリケーションと主としてオンプレミスで稼働している既存業務用アプリケーションとを連携し、あらたな価値をもたらす IT システムを構築するサービスの提供を開始することとしました。その実現のためには、複数のアプリケーション間を有機的に連携できる優れたプラットフォーム製品が不可欠であり、フィオラノ ソフトウェアの製品を連携基盤として採用することとしました。

サービスイメージ図



■導入メリット
・本サービスによる新たな IT システムでは、以下のような効果が期待できます。
・個々の企業の業務に適した費用効果が高い新たな業務アプリケーションの導入
・新規導入したアプリケーションおよび既存アプリケーションとの間のリアルタイムな連携
・クラウド環境およびオンプレミス環境を有効活用したハイブリッドな IT 運用環境の構築
・業務プロセスの自動化
・経営環境の変化に対するアジャイルなITシステム
・既存IT資産の有効活用
・システム導入/維持コストの低減
・必要な最小限な機能から開始できるスモールスタート
 
■サービス概要
Pro-SPIRE 提供
- アーキテクチャ設計(新規業務アプリケーションの選定、アプリケーション連携アーキテクチャの設計、ハイブリッド IT 環境のアーキテクチャ設計)
- アプリケーション間連携構築
- パフォーマンスチューニングサービス
- クラウド運用保守(マネージド)サービス
 
フィオラノ ソフトウェア提供
- アプリケーション連携プラットフォーム (Fiorano Integration Platform) の提供
- プラットフォームに接続可能なアプリケーション/接続プロトコルの拡充
- アーキテクチャ設計の支援
- パフォーマンスチューニングサービスの支援
 
本サービスは2016年2月24日より提供を開始し、2016年12月末までに30社の企業にサービス提供を行うことを目標とします。
 
__________________________________________
■本サービスの提供開始にあたってのPro-SPIRE 森岡広道 (代表取締役副社長) のコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『TPP(環太平洋連携協定)を始めとした協定により、各国間での「関税撤廃」に向けた交渉が進んでおり、当然ながら日本企業も生き残りをかけて外国企業との競争に今まで以上にさらされて行くことが想定されています。その環境下において今まで以上に自社製品や自社サービスの強化を図るとともにビジネスの効率化を進めることが必須となっており、その一つの有効な解決手段がITの利活用となります。一方で多くの企業ではITスキル/要員不足やIT投資の制約から十分な対応が困難な状況となっているのが実態です。この傾向は特に中堅・中小企業では顕著となっています。
このような状況を解決するためのソリューション/サービスを提供することでお客様の IT 利活用を推進していくことが弊社ビジネスの大きな柱の一つであり、今回の業務提携はこのための礎となるものです。』
 
 
___________________________________________
■本業務提携にあたってフィオラノ ソフトウェア 青島茂 (代表取締役) のコメント
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『Pro-SPIRE の新たなサービスの連携基盤に弊社の製品を選択いただいたことにたいへん感謝しております。フィオラノの Integration Platform はクラウド、オンプレミスという稼働環境を問わないアプリケーション連携基盤です。この優位性を Pro-SPIRE のサービスを通じてお客様に提供できることは弊社にとっても大きな喜びです。弊社の “あらゆるモノを連携” するという製品ポリシーに従って連携可能なアプリケーションの拡充に Pro-SPIRE と協同して尽力するとともに Pro-SPIRE のサービスがお客様の課題解決と発展に貢献できるよう最大限の支援を提供いたします。』
 
________________________
■株式会社 Pro-SPIRE について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1988年の設立当時から金融業界を中心とした情報システムの受託開発およびシステム活用のコンサルティングを提供しています。また、オブジェクト指向によるシステム開発や高度なデータ分析も得意としており、成長が期待されるIoTの分野にも積極的に投資を行い、変化を続けるお客様のニーズにいち早く対応します。
 
________________________
■フィオラノ ソフトウェア株式会社について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
フィオラノ ソフトウェア株式会社は、Fiorano Softwareグループの一員として、日本市場における製品販売および顧客サポートをパートナー企業と共に行っています。
Fiorano Softwareグループは、ビジネス プロセス インテグレーションおよびメッセージング技術で市場をリードしている企業グループです。Fiorano Softwareのソリューションは、インターオペラビリティ、パフォーマンス、スケーラビリティ、ROIなどの面で新たなパラダイムをもたらしています。ボーイング、ブリティッシュテレコム、NASA、富士フイルム、シュルンベジェ、ロッキードマーチン、合衆国沿岸警備隊、ボーダフォンなどの世界的なリーダー企業でFiorano Software の技術が採用されており、企業のバックボーン・システムとして稼働しております。
   
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本リリースに関する問い合わせは下記までお願いします。

株式会社Pro-SPIRE イノベーション推進センター  担当:高木(正)
E-mail: fiorano-sales@pro-spire.co.jp Tel:03-5767-0290

フィオラノ ソフトウェア株式会社 担当:青島
E-mail:info_jp@fiorano.com TEL:03-6205-3302

-----------------------------------------------------

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/02/25 7:06

2016年2月25日(木)(晴れ)

行きつけの美容院「まつエク」こと「睫毛エクステ」なる施術をはじめたそうです。。

「一度体験してみてください。今なら20%割引です。朝のメイクの時間が大幅に短縮されますよ!!」

ちなみに、ワタクシメイク時間はいつも5分程度・・・

それが2分強になったからといって、ワタクシ的にはあまりそそられませんでしたが、あまりに薦められるので、週末に行ってみることにしました。

施術室に案内され、まつエクを施した数人綺麗の人の写真を見せられながら、「ナチュラル、ゴージャス、キュート、セクシー・・・?」のどのタイプがいいかを聞かれ、本数両目40本、60本、90本の中から選ぶように言われました。

ド派手選択をすると、センムにこっぴどく叱られることはわかっていたので、分相応に「ナチュラルタイプ、60本」を選びました。
  
あとはを閉じて2時間ほどになって、されるがままになっているだけ!!

痛くもないし、くすぐったくもないので爆睡です。 (。-ω-)zzz

まぶた動かないように固定されたテープはがす時がちょっとこそばゆい感じ!!

出来上がりは・・・

お目目ぱっちり睫毛カールしています。✹‸✹)

に帰ってからも、を横からチラチラ見てしまいます。

オットは気づいてくれるだろうか・・・

と思ったら、

「休みなのに、なんで化粧してんの?」   だって へへへ・・・ヘ(゚∇゚ヘ)

だけど、終わってからの注意書き「あれダメ、これダメ!(洗顔とか、メイク落しとか)」、ちと面倒くさいものがあります。

あと、を読むときにかける老眼鏡に、何故か睫毛あたるんです。└◎◎┘
 
には犠牲を伴うんですね。(〃´o`)=3

月曜日会社に行った時に、誰か気づいてくれる人がいるかなと思って、大きく目を開けて「おはよう!」と挨拶したり、ちょっと目をパチパチさせてみたり、いろいろ試みてみましたが、全く気づかれる気配がありませんでした。
(‥*=*‥)

ということで、センムだけに自分から発表してみました。

「へー、そういえば睫毛が長くクリンとしているよ!」

大枚13,000円を叩いたわりにはコスパはいまいち?。(lll´д`)

本日はこれから、取引先のTOPから会食のお招きにあずかっております。

ワタクシ睫毛プラス異変があったのに、気づいてくださるでしょうか・・・

絶対ないね~~~!

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/02/17 7:13

2016年2月17日(水)(晴れ)

先週の土曜日烏山小学校6年5組同窓会千歳烏山駅近くのイタリアン・レストランで開催されました。

小さいけれど、こじゃれたレストラン幹事団のおかげなのか2時間貸切だそうです。

新宿から京王線に乗るのは久しぶり・・・

確か1クラス40人ぐらいだったと思いますが、この日出席したのは20名ほど。

当時11、12歳健気なおこちゃま達も今や定年に近い立派なおっさん、おばさんです。

唯一アイデンティティと言えるかもしれないんですが、所謂記憶力系全般得意とするワタクシは全員フルネーム名前一致しました。

当時の小学校生活走馬灯のように思い出されます。

当時28歳運動神経抜群熱血先生だった担任A先生も今や御年73歳((´´ж`*))

幹事から乾杯挨拶を促されると、

「人前で話しをするのは久しぶりなので、今日は原稿を書いてきました。ちょっと長くなるかもしれませんが・・・」

とかばんから原稿の書かれた分厚い手帳を取り出されました。

そういえばワタクシ経営のお師匠さん70歳を越えたころから、人前スピーチする際の話しものすご~~く長かったので、先生年齢を踏まえ、ある程度の長さ覚悟しておりましたが・・・・

先に注がれたビールはとっくに消え30分を過ぎても全く結びに入る気配がありません。 ; (・´ω`・);

さすがに幹事「先生、とりあえず乾杯を先にして残りのお話はあとでゆっくり・・・」ナイスフォロー('∇^d)

たぶん皆ホッとしたと思います。ε=( ̄。 ̄;) きっと最初お料理出そうとしていたお店の人も・・・

そんな中で、ひとつ印象的な話がありました。

H文科相と同じようなことをおっしゃったのです。

「当時は時には平手でたたいたり、廊下に立たせたりしたことが幾度となくありました。本当にすみませんでした。心からお詫びいたします。心当たりのある方がこの中にはいっぱいいるはずです。どうか許してください。」
m(_ _)m


そう、公立学校では先生生徒ゲンコツ平手打ちをくらわしたり、廊下立たせたりチョークを投げつけたり・・・ってわりと普通に行われていたような気が致します。
(中学・高校は私立の女子高でしたので、そのようなことは一度もありませんでしたが・・・)

所謂「体罰」ってヤツ。

そのころ既に学校教育法第11条(体罰の禁止)制定されていたけど、先生生徒もましてやですらだ~~~れも気にしていなかったように思います。

現在学校でそんなことしたら大変!!(`(エ)´)ノ_彡

モンスター・ペアレントと称される人種も年々増えているそうだし・・・

確かに暴力NGだけど、この日の主賓であるA先生のような、生徒を思い、愛情をもって叱責し、時にはゲンコツ平手打ちをしてくれる先生が今や「絶滅種」であるのはちょっと残念な気がしました。

子供の時から叱られたり、厳しく躾をされるって、その人の成長のためには、必要なことだとワタクシ思いますが・・・

こんな風に考えるのは古いんですかね~~ (=・・=)

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/02/10 7:56

2016年2月10日(水)(晴れ)

ワタクシはもともと理科系、今で言うとリケ女?出身です。

そんなワタクシMOTでそれはそれは苦痛であったのが「リーガル・マネジメント」の講義。

会社法とか契約、知財関連などなど経営必須知識習得の場であったことは重々承知いたしておりますが・・・
m(´・(エ)・`)m

MOT
教科書として指定されたポケット六法全書は買いましたが、講義中に開くように指定されたページ以外、未だ外箱の中で鎮座したまま・・・一度も開いておりません

あのような、難解かつ矛盾無きようになのか回りくどい文章に入れ、仕事活用しているリーガル関連の方々をから尊敬致しております。

そんなワタクシなるほどと思って、法律ってちょっとおもしろいと思う機会が最近ありました。

法律体系には英米法大陸法2種類が存在するそうです。
(たぶん「リーガル・マネジメント」で習ったのかもしれませんが、すっかり忘れました。)

英米法はその名の通り、イギリスアメリカ採用されている法体系。別名ネガティブ・リストと言うそうです。

ネガティブ・リスト・・・端的に言えば「やってはいけないことのリスト」

つまり拡大解釈をすると、そこに記されていないことはやっていいということ!!

ドイツ法律お手本につくられた日本法律大陸法・・・
(ちなみにフランスも大陸法だそうです。)

別名ポジティブ・リスト・・・「やっていいことのリスト」

そこに書いていないことは「やってはいけない?」と解釈できなくもありません。 
(まあ昨今では個人情報保護法のようにネガティブ・リスト形式(・・・してはいけない)の法律もありますが・・・)

これって法体系のことだけではなく、国民性違い、そしてイノベーション促進グローバル展開、はたまた学校教育に対する取り組みにも通じるものを感じます。

確かにワタクシ達日本人多くポジティブ・リストにあるような、「やっていい」と書かれていることだけを生真面目やるというCultureが染み付いている のかもしれません。

これまで何回かこのブログ記載してきましたが、Pro-SPIREでは今年度から「イノベーション推進センター」という組織を設立し、その中で様々なプロジェクト複数立ち上げ、Try&Errorを繰り返しながら、チャレンジを続けています。

こうやったら成功する・・・なんていうイノベーションはありません。

せいぜいTry、チャレンジ多くできるような環境をつくって、成功確率論理的高めていくぐらいですかね。

「世の中で誰もやっていないことをやってみる!!」そんな気概柔軟性、それを応援する風土制度Pro-SPIREには根付かせたいと思います。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/02/04 15:40

2016年2月4日(木)(晴れ)

2週続けて、「禁煙ネタ」でやや恐縮ですが、一応ご報告申しあげます。

「禁煙」というより「タバコやめた!!(`・∀・ ´)」プロセスですが、本日15分ほど会社を抜け出して、2回目「禁煙外来」に行ってまいりました。

2週間ぶりに計測した呼気一酸化炭素濃度4ppmでした。 ヘ(゚∇゚ヘ)

つまり完全禁煙1週間目ワタクシ「非喫煙者」部類(0~6ppm)入ったってことですのよ~~~!!(≧∀≦*)

お医者
さんからも、看護師さんからもとっても褒めていただきました。(*^)/

思えば今週一番デンジャラス・ポイント会食でした!!

何故かワタクシが身を置くこの業界社長さんや役員喫煙率高いこと、高いこと (* ̄ー ̄)y-~~~~~~.

「私、たばこやめました。(。-`ω´-)」と言ったとたん

「一本どう~~!そんなやめることないよ。」

と、テーブルの上に自分タバコの箱を差し出す輩ご丁寧吹きかけてくださる方うようよ!!

そんな誘惑まみれを笑顔にこやかかわす術も覚えてきたかも・・・。

でも、本当はまだ時々うずきます。特に仕事を終わらして家路に着くとき・・・

話しは変わりますが、昨日メディアK原ニュースで賑わっておりました。

「・・・依存」ってやっぱりこわい(。>д<)

「ニコチン依存」法律には反していないけど、この機会にきっぱり抜け出します( ー`дー´)

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/01/29 7:57

2016年1月29日(金)(雨)

人様にはどうでも良い話かもしれませんが、昨年オットワタクシ年初に立てた個人目標をなんとかクリアできました。

オットは見事、PMP(Project Management Professional)試験に合格ワタクシは2013年から2年の月日をかけて技術経営修士号(MOT)取得しました。

ということで、調子にのって年初

「今年も何か個人的な目標を立てよう!!」

ってなことになりました。

でもって、二人でたてた今年の誓い (*・人・*)

 「禁煙する!!」そして「夏休みにこれまで敬遠していた禁煙大国米国旅行に行く!!」

普段煙草吸わない人にとっては、高尚誓いでは全くありませんが、大学4年即ち22歳のときから30年以上喫煙を続けてきたワタクシにとってはそれはそれは難易度高い目標であることが、実行プロセスに入って初めて気づきました。

(あっ!ただムスコがお腹の中にいた10ヶ月間だけは唯一禁煙成功体験があります。<(・ω・。)>)

インターネット禁煙方法についていろいろ調べたら、外的ストレス少ない休日から始めたほうが良いという意見が多いので、さる土曜日から始めてみました。

最初はひたすら我慢(≧へ≦)

がつくと、はいつの間にか煙草のことばかり・・・

「・・・依存症」なんて言葉は言いたかないけど、ニコチン依存症 (#`▽´)y-゚゚゚

目覚め直後から就寝前まで、平日でも仕事区切り(特に社内外でのMeetingの終わった時とか)がつくと、の中にいつも煙草登場してきます。

こりゃ、意思だけでやめるのは難しいかも・・・

と思っていたら、タイムリーにも、会食でご一緒した某IT企業社長さんから「禁煙外来」に通って禁煙成功したをうかがいました。

で、「禁煙外来」なるものが会社近くにないか検索をしたら・・・

ありました。会社すぐ近くにこの間インフルエンザ予防接種をうけたお医者さんが・・・

しかも「保険診療」してくれるようです。

受付おばちゃんも、医師看護師さんも優しそうだったので、行ってみました。

医師から延々と煙草についての説教と、禁煙補助薬12週間飲み続けることによってニコチン依存完全遮断するということ、その科学的メカニズムについて説明を受けました。

そのあと、計器のついた紙筒を加えて息を吹きかけ、呼気に含まれる一酸化炭素濃度計測されました。

ちなみにヘビースモーカー25ppm~100ppm非喫煙者6ppm以下だそうです。

で・・・ワタクシ8ppm

「これならすぐやめられますよ!!」励まされましたが、「ほんとかな?(^ー^; )」

で、一週間前から、その時に処方された「チャンピックス」というを飲んでいます。

最初一週間吸いながら、少しづつになれて減煙を進めていきます。

単純ゆえ、プラシーボ効果もあるのか、不思議なことに最初一錠を飲んだだけで、煙草吸いたいという気持ちががぜん薄れました

薬剤師に教わったんですけど、会食とか飲み会チャンピックスを飲むと、お酒を飲んでいても煙草吸いたくなりません

Welcome「完全禁煙飲食店!」って感じ・・・

チャンピックス説明書「8日目をまたずに禁煙できそうな方は、禁煙に入ってください」記載されていましたが、

吸いたくなくても、30年以上生活習慣をいきなり絶つのはなんかちょっとさびしい気がして・・・

喫煙しても良いと言われた最初一週間一日3本程度吸っていました。y(^。^)。

で、本日から完全禁煙に入りました。

一週間後、再度通院し、呼気の中の一酸化炭素濃度チェックされます。

完全禁煙モードにはいると、煙草を吸っているとかを見ると、正直ちょっとうずきます

ニコチン欲しいのではなく「煙草を吸う」という長年の生活習慣消えてしまったことに慣れていないように感じます。

頑張るヾ(゚ ∀゚ゞ)

P.S.ちなみにオットは「離煙パイプ」なるもので禁煙プロセスにはげんでおります。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2016/01/20 7:40

2016年1月20日(水)(晴れ)

先日、長年お取引をいただいているお客様新年会にお招きを受け、表彰式感謝状記念の時計贈呈されました。

今でこそ、「Big Data」という言葉は普通に使われていますが、情報活用とかデータ分析という概念がまだまだ恒常的社会浸透していない頃から、その分野で共に仕事をさせていただいてきたお客様です。

お客様プロジェクト従事している当社プロジェクトメンバー達(社員、協力会社)お客様立場、視点に立って、仕事に取り組んできた結果が評価されたものだと考えます。

そんなメンバー達を誇りに思います。

You guys are excellent!!


「いただいた感謝状と記念のクリスタル時計。当社のサービスにお客様から「ありがとう」と言われることは何よりの喜びです。 (pq*´∀゚)
右はお客様から一言をと促され・・ ( ^Θ^)ノノ・」

パーティーの席では社長、役員のみならず、多くの社員の方々から温かなホスピタリティの感じられた素晴らしいおもてなしをうけました。

それにしても、当たり前じゃないのかもしれませんが、オーナー企業だけあって創業者、社長、常務、取締役・・・皆さん同じ苗字!!  ちょっとびっくり(゜ロ゜)

グローバル化デジタル・ビジネス技術変化がものすごいスピードで進み、何が起きるかとても予想がつかないこの時代・・・

お客様とは新たな価値「共創」できる関係でありたいと思います。

ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る