長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

アーカイブ
<2013年3月>
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2013/03/29 7:00

2013年3月29日(金)(曇り)

この4月から芝浦工業大学大学院 工学マネジメント研究科 専門職学位課程入学することにしました。

これから2年間に亘り平日夜間18:30から21:40土曜日終日(9:00~21:10)に開催される講義受講して42単位以上を取得し、修士論文に合格すると、技術経営修士(Master in Management of Technology、以下MOTと表記)の学位授与されます。

常日頃社員には「もっと勉強せ~~!!」「エヴィデンスとして資格をとるべし!!」

と言っている手前、TOPとして率先する必要があると思っていましたし、何よりも社会・経済状況が激しく変わりグローバル化進展する中で企業をはじめあらゆる組織変革(イノベーション)を迫られていると感じているからです。

遡ること3カ月ほど前、年が明けてすぐに、グローバル展開を図っているお客様役員年始ご挨拶に伺ったときに

「長田さんのようなIT企業の社長にこそMOTの勉強が必要です。イノベーションの実現に必須となる生きた知識・思考法を経営TOPとして体系的に学び、経営という実践の場で活用して社会に貢献しなさい。」

と、強く薦められました。

大学卒業して32年錆び付いたワタクシの大学院レベル高そう授業についていけるのか・・・

平均して2回程度出席を要する会食会合をどうさばくのか・・・

はたまた難しそうな入学試験合格できるのか・・・

土曜日終日授業ということで2年間週休1日になります。(しかも唯一休みの日曜日レポート書きで追われるそうな)社長業という激務を担いながら、中学校(私立)の時から慣れ親しんでいる週休2日でない生活にがついていけるのか・・・etc.

「やっぱり無理無理!!」という様々な拒否反応が頭を過ります。

が・・・

お世話になっているお客様役員薦められた手前、一応募集要項を取り寄せ、インターネットMOTに関する情報を集めました。(日本ではまだMBA(経営学修士)ほどは普及していないらしい。)

もともと勉強することは嫌いではありません。

ただ、正直言ってコンサルタントであるとか評論家、大学教授と呼ばれる人達の「・・・べきだ」だけ理論展開は好きではありません。

それでも募集要項に記載されていた

「技術と経営の一体化、理論と実践の融合、社会に学び社会に貢献する実践的技術者の育成・・・」くだりにはちょっとばかりグッときました。

意を決して、入学願書、卒業証明書、成績証明書(32年ぶりに出身大学から取り寄せました)、履歴書に加え、研究歴、職務歴、志望動機/課題、自分自身の将来像についての1,200程度論文を提出したら、一応書類選考通過したとの連絡がありました。

3月9日(土)試験日。(なんと試験というものを受けるのは情報処理技術者試験以来20年ぶり!!)

午前中は提示された課題論文を読み、それについての考察60分1,500字程度小論文としてまとめます。(鉛筆で手書き)

午後面接試験

10分間でこれまでの業績、これから取り組みたいテーマについてプレゼンテーションを行い、その後30分間質問を受ける形式です。

プレゼンテーションにあたってはPC書架カメラ、印刷物、製作物の使用が認められ、ワタクシ以外受験者の人たちは皆USBメモリCDで大学にプレゼン用資料を渡していました。

たぶん落ちた・・・(´・ω・`) と思って家路に・・・(2年間過酷生活想像すると、落ちたほうがむしろ良いかも・・・とも思いながら、試験を受けた以上は合格したい!!という複雑気持ちが正直入り混じっていました。

試験から1週間後出張留守中旦那から速達が届いている旨メールで連絡がありました。

「帰るまで絶対に開けないで!封の厚みも教えないでね!」と旦那にメールでをさし、帰宅後、コートも脱がずに封をあけると”合格通知”です。◎´∀`

先週、入学金前期学費を振り込み(2年間で総計約300万円がかかります。自己啓発とはいえ、自分自身への投資額としてはかなりです。旦那に内緒で貯めていたへそくりを使いました。)、いよいよ明日30日正式な入学手続きを行います。

思えば、社長業24時間、365日大学院での勉強2足草鞋思わず社長としての成長必要かつ有用時間であると考え、理論実践融合を図っていくつもりです。

あっそれから学生証をもらったら、学割も効くそうです。いろいろな場面で使ってみようと思います。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2013/03/19 7:25

2013年3月19日(火)(晴れ)

先週の金曜日福島県いわき市本社をおく、取引先を訪れました。

いわき市福島第一原発から約50Kmに位置します。

上野から常磐線特急2時間20分、初めて訪れたいわき駅改札には取引先役員の方が迎えに来てくれていました。

強固岩盤の上に立つゆえ、震災でも建物被害免れた本社を訪れ、社長、役員の方達と一時間半ほどミーティング

ミーティングの中では東日本大震災の際の状況近況社長から直接伺いました。

夜の会食社長御親族経営するレストランにご招待されました。

かつて新鮮且豊富魚介類来客をもてなしたそうですが、今や近海漁港放射能の影響で水揚げをしておらず、魚介類はすべて北海道宮城の方から取り寄せているとのことです。

それでも、おいしいイタリアンのご馳走とともに生まれて初めてのシングルモルトウィスキーStrathislaストラスアイラや高価なキューバ産 葉巻を頂きました。

葉巻初めての経験です。

取引先の社長からふかし方を教わりましたが、ワタクシにはちとハードル高かったです。

その日はいわきホテル宿泊し、翌土曜日役員の方が「被災地を見て行ってください」社用車案内してくださいました。

いわき市から国道6号35km走行したところで、警察官達Uターンを促し、立ち入り禁止看板道路をふさいでいました。

すぐ向こうが原発事故被災地です。

東電復興基地となっているJビレッジ(もとはサッカー場)ではマイクロバス白い放射能防護服を着た沢山の作業員の方達が乗っているのを見かけました。

8.5m津波に襲われた被災地(平薄磯、平豊間地区)人影なく津波に流された、建物のない土台だけが残り、土台に多くの花が献花されていました。

沿道には放射性廃棄物の入った黒いビニール袋がれき山積みになっているところがそこここにあります。

いわき市第3セクターが営んでいる大規模な魚市場で売られている魚の中に地元産なく、土曜日にも関わらず、市場閑散としてしています。

案内をしてくれていた役員の方が

「震災前は皆持ちきれないぐらいの新鮮な魚介類のお土産を買っていったけど、今はもう薦められませんな。」

と、おっしゃいます。

やりきれない気持ちとは裏腹に、青く透明な海凪ぎ訪れを思わせる心地よい潮風耳元でそよいでいます。

市内のいたるところに「がんばっぺ!いわき」横断幕が見られます。

役員の方が、

「ご覧の通り、復興はまだまだ進んでいません。3月11日近辺には報道陣が押しかけてきますが、それ以外の日々に報道陣がやってくることは殆ど無くなってきました。報道用に用意した駐車場もがらがらです。私達は復興の為に、全力を尽くそうとしています。震災を歳月とともに忘れられていくのがこわいのです。」

とおっしゃいました。

忘れない!!そして一生懸命仕事をして、日本経済引っ張っていくによって復興支援することが、今私達にできることだと思います。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2013/03/13 7:39

2013年3月13日(木)(晴れ)

本日、めでたく54歳誕生日を迎えました。

昨夜0時丁度に息子からおめでとうメール・・・\(^O^)/

一人前社会人でありながら、時折に対してスポンサー的支援期待してくる(即ち旅行食事を一緒にする時など親の財布をあてにする)せいか、こういうタイミングは外さないヤツであると思います。

”誕生日プレゼント期待しているよ!!ヾ(○´∀`)ノ”メール返信しましたが、応答なし・・・(たぶん自動送信設定)

本日出社時、自宅マンションエレベーターの中で、旦那がぼそっと

”誕生日おめでとう。今日は仕事忙しいから今週末にでもなんかご馳走するよ。”と言ってくれました。

ワタクシ:”前から言っているけど、金曜日から週末にかけて東北出張・・・”

旦那:”じゃっまたそのうちに!!”

会社に来る途中で、今年喜寿を迎えるははから絵文字満載(誕生日ケーキ、拍手、クラッカーetc.)のおめでとうメールが!!

はは:”何がほしい?お赤飯でも炊こうか?”

ワタクシ:”今週は忙しいからそのうちでいい。週末にかけて出張だし。ママが元気でいてくれるのが一番だよ。”

メールで答えました。

出社すると、Google Appsカレンダーワタクシスケジュール欄これみよがしに書いた”Happy Birthday!”を見ていた社員の何人かが

”お誕生日おめでとうございます!!”と言ってくれました。

人事部の3人からは大好きな白ワインプレゼントにもらいました。

それを見ていた営業連中が、すかさず

”社長、プレゼントは何が良いですか?”
と聞いてきたので

”売上とリエキ!!”

と答えました。

これ本音です。

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2013/03/08 7:08

2013年3月8日(金)(晴れ)

「そろそろ社長室をまたつくりませんか?」人事部長に言われました。

当社元々そこそこりっぱな社長室なるものがあったのですが、5年前ワタクシがこの会社社長担うことになった時、社長室撤廃し、そこを応接会議業後バー大森倶楽部として活用するスペースにしました。
(ここ最近、持ち帰り受託開発が増えてきて、セキュリティーとコンプライアンス上プロジェクトごとに部屋を確保しなければならないので今はあるプロジェクトの開発ルームとして使用されています。)

自分執務室窓際におき、パーテーション置かず執務室内がすべて見渡せるようにすると同時に、社内にいるときは社員からもワタクシ姿丸見えです。

最大意図「現場を感じ、知っていたかったから。そして風通しを良くしたかったから。」

複数名
での社内ミーティングや少々センシティブ内容打ち合わせ電話をするときは、会議室他のファシリティー移動しますが、役員組織長社員との個別な打合せは基本ワタクシを挟んで、対面で行います。

が・・・

ワタクシ
でかいらしい!!(;^_^A

おまけ
ズケズケものを言う。

特に組織長クラスから的を得ない報告相談を受けると

例の”あんたさ~~!!”が始まってしまいます。ヾ(_ _*)

人事部長曰く、これが執務室にいて、必然的に話を聞いている若手社員スタッフ良くない影響をもたらすのでは・・・ということだそうです。

一理あるとは思います。

ワタクシ自身が怖がられるとか疎まれるのは何とも思いませんが、組織長メンツ潰しかねないディスカッション自席で行うのは慎むべきだと思いました。

これからはTPOを十分意識します。<(_ _)>

ですから人事部長様「そろそろ社長室を!!」はどうか勘弁してください。(_ _。

ページの先頭へ戻る