長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

アーカイブ
<2008年6月>
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345
月別の過去ログ
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2008/06/24 9:00

2008年6月24日(火)(晴れ)

Pro-SPIREの社長に就任して3ヶ月がたちました。

第20期もあと1週間で終了し、7月には第21期を迎えます。

新たな年度を前にして、この3ヶ月間、4月に結成した新マネジメントチームとともに”新生Pro-SPIRE”創成のための様々な準備をしてきました。

その中で私自身が非常に大切だと思ったこと・・・

それは社長は”即断、即決”であること。

Pro-SPIREはStrategic Company(通称SC制)というカンパニー制度を導入し、各カンパニーの中に複数のBusiness Unit(通称BU制)を持たせています。

事業を含む組織運営については原則SC長とSC配下にいるBU長への権限委譲。(エンパワーメントですな^_^)

それでも、経営判断を要する問題解決や、事業戦略、人事戦略について、規模の大小はともかくとして常に舵取りは行わなければいけません。

4月に社長に就任した時、社長室を廃止して、B-SPIREの時にそうであったように、自分も執務室の中で社員とともにいることを決めてから、自席にいるとフィールドの現実がものすごく伝わってきます。

判断や意見を求められた時、・・・瞬時に頭の中で3役会議(6/9付けブログ”ココロの元気)記載)を行います。

そして・・・

即断、即決です。

正直、心の中では”どっちにしようかな~~っ^^?)”といった五分五分の時はあります。

決断した内容が結果的に間違っているときもあります。

そういう時は途中で気付いたらm(_ _)mそして即方向修正

大切なことは迷う素振を見せないこと・・・

修行の日々は続きます!!!

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2008/06/18 9:00

2008年6月18日(水)(曇り)

この週末を利用して母と二人で台湾旅行に行ってきました。

台湾は初めて、しかも2泊3日の弾丸ツアーです!

短い時間の中で、茶芸体験、行天宮、台湾民主祈念館(中正祈念堂)、忠列嗣、故宮博物院等お決まりの観光コースを回り、かの有名な鼎泰豊本店小龍包を堪能しました。。0(^ ^)ゞ○

宿泊は晶華酒店(グランド・フォルモサ・リージェント)という中山路にある一応SLグレードのホテルです。

そこで、生まれて初めての体験をしました。

2日目の夕方、ホテルの19階にあるタイパンレジデンスクラブラウンジに行くために、ロビーから母とエレベータに乗りました。

エレベータの機内には男性2人と母と私を含めた女性3人の計5名です。

4階で1名、12階でまた1名と2人の男性が降りていきました・・・・・

残されたのは母と私と国籍不明のアジア系の女性の3名・・・

と・・・・・

アレッ?エレベータが止まったまま全く動きません(・・?

ドアももちろん開かないし・・・・

ドっどうしよう!!

まさかこのエレベーター、一時騒ぎになったあのS社製?(@_@)

仕方なく非常ボタンを押し続けると北京語か台湾語か定かではありませんが、まくし立てるような応答がマイクで返ってきました。

さっぱりわかりません(*_*)

助かったのは同乗していたアジア系の女性が流暢にマイクの向こうの人と話し始めてくれたこと・・・

こちらもまくしたてています・・・

私達は全く中国語が理解できないので恐る恐る彼女に聞いてみました。

”What did She Say?”(つまりマイクの向こうにいる人(女性の声でした!)はなんて言ったの?)

その人はなんと、流暢な日本語で答えてくれました。

”今、救助に向かっているそうです。原因も調べているそうです!!救助の到着まであと5分ぐらい待って”とのことです。

その時既に15分も密室に閉じ込められた私達は”え~~あと5分も!!台湾人の5分って本当に5分なんだろうか・・・”
とあせりぎみ・・・

女性は”無事に助けられたらお寺にお参りしましょう・・・それにしてもリージェントのくせにダメね。今日のニュースにでるかも・・・”なんて言っていました。

まさに神様、仏様、助けて~~~という感じ!加えて密室の閉塞感!!

5分後ドアの向こうからドンドンドンとたたく音が・・・

そのあと、ドアが何かでこじ開けられました(-▽ー;)

助かった!!

あ~~~助けが来た!

日本人の副支配人を含めたスタッフが大勢いて平謝り・・・

部屋番号を聞かれ、”改めて原因の報告とお詫びに伺います!”とのこと。

もう、喉からから・・・

取り敢えずラウンジに到着して、冷たいビールを飲んで部屋に戻ると、テーブルの上に山盛りのフルーツプレートと点心スイーツが・・・

ラウンジにいる間にお詫びに持ってきてくれたんでしょうけど、明日日本に帰る身では私的にはKY感満載(*' ')

成田で検疫に引っかかるから持って帰れないし・・・・

電話とアンケートでリスク管理がなっていないって思いっきり文句言いました!

当分海外のエレベーターに乗るのはちと怖いです!!

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2008/06/09 9:00

2008年6月9日(雨)いよいよ本格的梅雨です・・・

この週末、所用があって久しぶりに実家を訪れました。

いつものことですが・・・散々ご馳走になりました。

それに加え、私のことを仕事にかまけて私生活で家事は全くしていない娘であると思い込んでいる母は手作りのおかずやら直ぐに食べることができるインスタント食品や旦那の好きそうなお菓子を紙袋一杯にしてお土産に持たせてくれます。

この日もそうでした。

家に帰って、紙袋の中のものを冷蔵庫や戸棚にしまっていると、ヒラヒラっと一枚の6/5付朝日新聞夕刊の切り抜きが出てきました。

大谷由里子さんという女性社長の”ココロの元気。視点を広げる3役会議”というコラムの切り抜きです。

以下文章を一部そのまま引用します。
---------------------------------
人の数だけ問題は、起きる。大切なのは、問題が起きた時に、「なんでだろう?」と原因を想像して、「どのようにしたら、解決できるか・・・」と考える力をもっていること。
27歳で初めて企画会社を立ち上げた時は、人の問題のオンパレードだった。必死で育てた社員が、「もっといい会社が見つかりました」と辞めていったり、パートの女性に必死で仕事を教えていたら、「私、パートなんで、そんなにしゃかりきに仕事を教えられても困ります」と言われたり。また、無断欠勤をした20歳のバイトを怒ったら、「1人くらい休んでも、回るようにしておくのが会社でしょ」と開き直られた。何回も、「もう、会社なんて閉じてやる!」と思った。そして「親が悪い」「会社が悪い」と、他人のせいにしていた。そんな人間に人がついて来るはずもないのに、それにも気付かず、「社員と社長は分かり合えない」と開き直ったりもした。
中略
気付いたのは「間違っていたのは、自分の方だった」ということ。いろんな人の立場から物事を考えるという単純な視点に、ハッとさせられた。
社員が言うことを聞かないのじゃなく、私が社員の言うことを聞いていなかった。自分の価値観ばかり押し付けて、社員の意見を聴く耳を持っていない。そんなことを思い知らされた。
私は、今、問題にぶつかった時は必ず1人で3役会議をする。「私の言い分は・・・」「でも彼女の言い分は・・・」「それを見ている第三者からすれば・・・」
中略
「あれっ間違っていたかなあ」なんて気付くことも。人の問題を楽しく解決できると、その「気付き」は一生の財産になる。
---------------------------------

内容にも共感したけれど、わざわざ切り抜いて新米社長を気遣ってくれた(たぶん”あんたもよーく気をつけなさい!!”という意味だと思います)母の気持ちが嬉しかった!!

ココロの元気を感じた瞬間でした。0(^ ^)ゞ○

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2008/06/04 9:00

2008年6月4日(水)(曇り)

昨夜旦那が、”区役所から親展でなんか届いているよ”と自宅のある区役所からの郵便物を手渡してくれました。

何かと思って開けてみると、なっなんと”白内障、緑内障検診の申込書”・・・・

区内に在住する50歳、55歳、60歳、65歳が対象とのこと!!!

あっあたしはまだ49歳ヽ(*` ′)ノだっつーのと思いながら読んでいくと、なになにふむふむ・・・平成21年3月31日現在の年齢で対象者がセレクトされたらしい・・・

確かに私は3月生まれなので平成21年3月末現在で対象年齢になります(T^T)

でも正直白内障とか緑内障ってもっとお年を召した方のなる病気だと思っていました。m(- -)m

というより、自分には縁がないと・・・(けれども考えてみれば親の世代は皆白内障の手術を受けていますよね。)

白内障とは直接関係ないかもしれませんが、そーいえば、先日同年代の友人達と食事をした時、皆とってもオサレな老眼鏡をもっていました。

老眼鏡をもたない私は”ヘン”と言われました。(^^;)

考えてみると私はこれまでの人生をずっと裸眼ですごしてきました。

パワーポイントで遠くのものを見る際だけ近視用の眼鏡をかけることもありますが・・・

言われてみると、最近とっても小さな字が読みにくくなっています。

社員の出してくるエクセルやWordの資料も小さい文字はヤメテ!!なんて言っています。

決心しました!私もとびっきりオサレな老眼鏡を買います!!

そして、白内障、緑内障の検査も受けます。

ちょっぴり・・いえかなりショックですW=(゜0゜)=W

ページの先頭へ戻る