長田ゆかりブログ

プロスパイア

代表取締役社長 長田ゆかり

株式会社 Pro-SPIRE
代表取締役社長 長田ゆかり

ブログカレンダー

アーカイブ
<2012年9月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456
月別の過去ログ
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
名前: 社長 ブログ 作成日: 2012/05/17 15:38
Pro-SPIRE長田ゆかり社長ブログ Precious Time

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2012/09/26 7:45

2012年9月26日(水)(晴れ)

Pro-SPIRE社長になって以来、出来るだけ朝出社する前”日経新聞”読まねばと思って生きています。

我が家は代々”朝日新聞”をとっているので、最初は”社長たるもの日経も読まねば!!”というちょっと自己満足的義務感!!

売店日経を買って、満員電車の中でみんながやっているように二つ折りにして一面から読んでいきます。

で、お客様株価とか広告コンテンツも含めじっくり読んでいくと結局会社着くまでに”私の履歴書”到達せず残りは急いでちょこちょこを通して、じっくり読むのは帰り電車の中(夜に朝刊を読んでいるのを誰かに見られるのはちょっと恥ずかしい気もしますが・・・(〃ω〃))とか、

でとか・・・

時間追われたり、義務感読まない日経”おもしろい”と最近思い始めました。o(^∇^)o

新聞の記事内容とか構成がおもしろくなったのか、はたまたワタクシ脳みそやや賢くなったのかは定かではありませんが・・・?

若手社員スマホ電子版薦められることも多いのですが・・・

なじめないです。ヾノ・_・

新聞
だけは・・・やっぱりでねーと!!

試しスマホ無料”産経新聞”ダウンロードしてみましたが、新聞としての全体像つかめないせいか最初だけででは全く読んでいません。

電子書籍
読んでみようという気にすらなりません。ノー ̄)
アマゾンではしょっちゅう購入はしていますけど・・・)


IOSAndroidだ!!とスマホタブレットアプリの開発も担うIT企業としての社長にもかかわらず、新聞に関してはちょーアナログ嗜好です!!

あっ、でも最近(7月から)会社全体Google Apps導入しました。

すごく便利です。

メールカレンダーはもちろん、ドライブ充実して使いやすい。社内ポータル成長してきています。

何がいいかって、ドキュメント複数人同時更新できたり、共有できるので情報ナレッジ共有化タイムリーに図りやすくなったと思います。

会議でも役立っています。

だから何なんだって感じですけど、新聞以外はIT活用した情シスからの提案柔軟な頭で聞くつもりです。

話は変わりますが、日経新聞マーケティングに携わったことのある知人から聞いた話・・・

日経新聞(定期購読、電子版)ターゲット顧客市場って年収600万円以上所得者だそうで、そういう人達に向けてプロモーションとかマーケティング展開を図っているらしい。

年収600万円以上でも、毎朝売店日経新聞を買うワタクシターゲット顧客としては”およびでない”んでしょうネ!!まっ別にいいですけど・・・。┐(´ー`)┌

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2012/09/21 7:53

2012年9月21日(金)(曇り)

取引先でもあり、友人でもある会社社長から”創業20周年記念パーティー”招待状が届きました。

Pro-SPIREより5歳若い会社なれど、一代20周年を迎えられるということは本当に素晴らしいことだと感動します。!!

”○○社長!!アンタはえらい!!社員もえらい!!おめでとう!!”☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

もちろん
、喜んで出席返事をしました。

ちなみにインターネットで調べてみると、企業の生存率って以下の通りだそうです。

設立1年:40%

設立5年:15%

設立10年:6%

設立20年:0.3%

設立30年:0.02%
(この間”リッチマン・プアウーマン”というテレビドラマでも企業の99.98%が30年は生き続けられないって言っていました。)

つまり20年続く企業1,000社の内わずか3社しかないということですよね。千3つとはよく言ったものです。
(*゚O゚) ノ

全国300万弱あるといわれる法人企業栄枯盛衰(一時は繁栄してもやがて淘汰されて倒産、廃業、吸収・・・)の波にのまれていく中、奇跡のような確率だと思います。

”周年”=経営への”執念”って言えるかも・・・

Pro-SPIREは今年25周年即ち四半世紀!!

来年早々
にこのPro-SPIRE支えて下さっている全てお客様、お取引先様、パートナー様感謝するを催します。

もちろん、社員とその御家族にも心からの感謝の気持ちと共に、25周年祝い未来に向かって成長し続ける想い共有したいと思います。

同時に、30年企業生存率0.02%という奇跡数字の中に入るまで、あと5年・・・

2014年エンディングを迎える3ヶ年戦略ストーリー”Vision2014”達成はもちろんのことまだまだチャレンジしたいことは沢山あります。そして新しい5年創り出したい。

わくわく・ドキドキの5年
ですが、その先の50周年100周年繋げるために”執念”をもって走り続けます。 
 ε=ε=(* ̄ー)

投稿者: 社長 ブログ 投稿日: 2012/09/11 7:57

2012年9月11日(火)(晴れ)

8月下旬のブログ”夏休みオランダ・ベルギー旅行”の話を6回にわけて掲載していましたが、実は旅行開始3週間ほどに、ワタクシ事恐縮ながらも今だから言える大変なことがありました。

役員と一部組織長にだけ伝え、”箝口令”をしいて、お客様はもちろんのこと、殆どの社員にも気付かれないようにしていたのですが、腸の憩室小さな穴が開いて”入院”を強いられていたのです。
(´‐` ;)

あれは7月末月曜日・・・

午前中に開催される定例のFS会議出席していた時、体調はいたって元気何ともありませんでした・・・!!(毎度のことながら会議中、気持ちも口も決して平穏とはいきませんが・・・)

お昼ご飯は普通にパスタを食べました。

午後・・・

何か右の横っ腹痛い・・・歩いても猛烈に響くし、呼吸をするだけでも激痛が走ります。_<)

なんかおかしい??
・・・このまま続いたら我慢できないかもと思いながらも、その日午後来客2件予定されていました。

正直脂汗流れるってこういうことかと思いながら・・・

なんとかひきつった作り笑いをして応対をしましたが、お客様には”今日の長田さん、ヘン!!”と思われていたかも・・・

お客様お帰りになり、痛み耐えきれなくなり、常務に言いました。

”ちょっとというか、何故かかなりおなか痛いから、今日は帰るね。”

タクシー代もったいないと思う余裕もなく、這う這うの体に帰って、かかりつけ病院から依然処方されて残っていた鎮痛剤と、たぶんどこか炎症をおこしているんだろうと自己判断で、これまた何かの時にと余分に処方されていた抗生物質を飲んで寝ました

が・・・翌朝症状改善するどころかますますひどくなるばかりで、出社前かかりつけの病院消化器内科へ行く決心をしました。(ちなみに盲腸は子供の時にすでに切除しているので盲腸ではないことを確信していました。)

旦那には

”おまえ、ヘンな顔してる!!”って言われました。

究極”痛い顔(o○> Å<)”をしていたのだと思います。

病院に行って症状を訴えると、すぐに診察室に呼ばれ緊急血液検査CT撮影をしてくれました。

が・・・CT撮り始めて5分もしないうちに別室で画像を見ていた放射線科医師検査台にきて、

”診断つきました!!痛いでしょうから車いすで診察室まで送ります。詳しいことは消化器内科の医師から説明を受けてください。!!”

何が何やらわからないまま、”私、歩けます!!”車いす固く辞退し、今思えば全く意味のない気合診察室まで徒歩で戻りました。

担当医師

”良く歩けますね。救急車で来てもおかしくないですよ。腸の憩室に穿孔が見られます。相当我慢強いですね。痛いでしょう。このまま入院です。”

想像もしていなかった事態衝撃を受けたワタクシ

”仕事のことがあるので1時間だけ時間をください。携帯だけさせてください。”

医師懇願し、這うように院内の携帯の通じる場所まで行き、取り急ぎ常務旦那電話をしました。

が・・・

2人ともいたって冷静

”入院するしかないでしょ!!”

旦那にいたっては

”必要なものがあれば、メールして。会社が終わったら家に帰って後で持っていくから・・・”

と、電話口あせる気配は全く感じられず・・・(むろん早退などする気はサラサラなさそうでした。)

ということで、甚だ不本意ながら入院することに同意

医師には

”穿孔した穴が小さいので、破裂するとか、膿瘍ができるとかがなければ24時間絶食と抗生剤の点滴で穴がふさがり、炎症が治まれば1週間か10日ぐらいで退院できるでしょう。”・・・と言われました。

翌日から3日連続予定されていた会食を含め、取敢えずその週の予定だけ丁重なお詫びとともに泣く泣くリスケです。(゚´Д`゚)

ただし、お客様社員余計な心配をかけることは極力避けたかったので病名入院という事実伏せました。

事実
を知っていた常務以外の役員・社員のお見舞い固辞致しました。

手術をするわけでもなく直ぐ退院するつもりだったので、旦那以外家族にも内緒!!

点滴に繋がれて弱った社長の姿なんて誰にも見られたくないのが本音です。

仕事の都合上1週間も寝ているわけにはいかないし、お盆唯一PV楽しみである海外旅行も控えているので、目標3日絶対安静・絶食穴をふさいでみせると朝夕回診にくる主治医(外来担当医)に告げたら、あきれられて

”長田さん、死んでもいいんですか?何、海外旅行??あり得ないですね。あきらめてください。”

と、のたまわれました。

結果・・・

3日
ふさがりました。炎症も完璧ではないにせよ、入院時1/10まで数値下がりました

で、4日目めでたく退院!!♪(ノ⌒∇)ノ

主治医


”こんな風に言ったらなんですけど、根性というか・・・その~まあ~言い方悪いですけど、所謂ごきぶりのような生命力と回復力をお持ちですね!!長田さんには医学だけでは説明しきれない気持ちの強さを感じます。”

言われました。

月曜日FS会議に出たら、みんな驚かれました!!(出社したということだけでなく、点滴で栄養を注入していたにせよ、外見が絶食生活で痩せてしまったので驚かれてしまったようです。相変わらず気持ち達者でしたが・・・)

医師言われたこと忠実守り経口薬(抗生物質)は飲んでいましたが、”ごきぶり”のような生命力のおかげで、入院から1週間立たずして仕事復帰

退院後に一度だけ通院した外来で、止められていた海外旅行許可もでました。

無事旅行から帰って心身ともにリフレッシュした身体で一応血液とCT検査したら、すこぶる健康であるとの診断です。 
(*^^)/

何かの体内アドレナリン健康状態関連深いって論文読んだことがありますが、先月はそれを実感した1ヶ月でした。(まあ何かの拍子に腸に穴が開いたのは全くの想定外でしたが^^;))

ページの先頭へ戻る